乾燥肌を治すためには角質層のケアが必須

乾燥肌の人の角質層は保湿物質が減った状態で水分量も少なくてスカスカの状態になっています。そのため、肌トラブルを阻害するバリアとしての役割を十分に果たせていません。

今回は乾燥肌と角質層の関係性に関する知識やケアの方法をご紹介いたします。

乾燥肌対策

角質層を構成する成分とは?

角質層は肌の表面、非常にデリケートな部分を指します。この角質層は2つの成分から構成されていることをご存知でしょうか?

角質細胞と細胞間脂質と呼ばれるものです。

この2つの成分はターンオーバーの周期の中で徐々につくられていくため、周期が乱れると角質層もボロボロになってしまいます。また、ターンオーバーの中で角質細胞ができるまでの流れを「角化」と呼びます。

スキンケアではよく使われる言葉なので覚えておきましょう。

角質細胞ができるまで

基底層で発生した細胞が有棘層、顆粒層と徐々に押しあがっていきます。そして、最終的に角質層へ移行する途中で「細胞の核」が消えた時に角質細胞ができます。この時に核が消えたというのは細胞が死んだという意味になります。

正常な角質細胞は膜が厚く、内側はケラチン繊維という物質で満たされてハリのある肌をつくっていきます。これがターンオーバーが乱れてしまうとスカスカでガサガサのハリのない肌となってしまうのです。

細胞間脂質ができるまで

細胞が顆粒層から角質層に移行する途中で細胞間脂質の材料が容易されます。細胞内の材料は角質細胞へ変わる時に細胞の外へ放出されていきます。

そして、これらの材料によって角質層で細胞間脂質がつくられていくのです。細胞間脂質は角質細胞間の隙間を埋めてキメの細かい肌をつくるのに必要なものです。

角質層の潤いを満たす成分とは?

角質層の潤いは「肌の保湿メカニズム」というものによって成り立っています。主に皮脂膜とNMFと細胞間脂質の3つの成分が肌の保湿メカニズムを構成しています。

皮脂膜とは?

皮脂膜とは角質層の表面に潤いを与え、保護する役割のある天然のクリームのようなものです。皮脂と汗がまざってできているものと考えてください。角質層の表面を弱酸性に保ち、肌に悪影響を及ぼす菌の繁殖を阻害する働きもあります。

そのため、皮脂のないカサカサの肌は菌が繁殖しやすくなり、ニキビなども肌トラブルも起こりやすくなってしまうのです。

NMFとは?

Natural Moisturizing Factorを略してNMFと言います。アミノ酸などから構成されるいわば天然保湿因子です。

角質細胞の内側の水分を保っているのですが、加齢や紫外線の影響でNMFは不足してきますので、ケアを怠ってはいけません。

細胞間脂質とは?

角質の細胞と細胞の間のすきまを埋めるのが細胞間脂質です。

細胞間のすきまがしっかりと埋まることにより、角質層の水分が蒸発するのを防いでくれるのです。そのため、長期間みずみずしい肌をキープできるということになります。

現在、保湿成分として人気のセラミドは細胞間脂質の組成物の一つです。

間違ったスキンケアは角化異常を起こす

健康な角質層を育てることが乾燥肌を改善するために重要というのはわかってきたと思います。

ただ、世のなかには色々と誤ったスキンケアの知識が横行しているので注意が必要です。「スキンケアをしすぎるとお肌を甘やかすことになるから、あまりしない方がいい」なんて言っている人もいますが、正しくは違います。

これは誤ったスキンケアをすることで角質層に異常をきたし、未熟化してしまうため、中途半端な知識でスキンケアをしない方が良いというのが広まったものです。

例えば…化粧水を大量につける、毎日のようにピーリングをする、スチームをあてる、パックをするといったことは避けたほうが良いです。角質層と角質細胞が疲弊してしまい、未熟化の恐れがあります。

角質層が未熟化しいてしまうと肌のカサツキやニキビなどの症状が起こりやすく、そして治りにくくなってしまうのです。スキンケアはほどほどに間隔をあけて行う方が効果的なものが多いのです。

まとめ

今まで肌が乾燥するからといって、たくさん保湿をしていませんでしたか?化粧水をパシャパシャとつけて毎日のようにパックをして、そして肌トラブルを早く治したいがあまりにピーリングも小まめに行う・・・それは手間をかけて角質層を未熟化させてしまっているだけなので気をつけてくださいね。

一時的に肌の乾燥は改善されるかもしれませんが、時間が経ったらすぐに水分が蒸発してカサカサの肌に逆戻りです。長期的に健康な肌を手にいれるためには肌を甘やかすのではなく、正しい知識のもとに行っていきましょう。

ピーリングやパックはモノによりますが、一定期間感覚をあけて行えばかなり有効なものなので、説明書で推奨されている方法などをしっかりと読むようにしましょう。

お肌が綺麗になるまでにはどうしても時間がかかるものなので、すぐに結果を求めてはいけません。即効性ばかり求めてしまうと間違ったスキンケアに走り、肌荒れを引き起こしてしまうので注意するようにしましょう。

Topへ⇒大人ニキビ改善なび – 正しいケア方法からオススメ商品まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ