乾燥肌のかゆみを予防・防止するための7つの対策

肌がカサカサと乾燥してくると辛いかゆみが発生します。年齢とともに皮脂の分泌量も減ってくるため、中高年の人に多い悩みです。

乾燥肌は女性に多いイメージですが、男性でもしっかりとスキンケアをおろそかにすると肌が乾燥し、かゆみが発生してしまうので気をつけるようにしましょう。

そんな乾燥肌のかゆみを予防・防止するための対策をご紹介します。

乾燥肌

肌に優しいスキンケア製品を使用する

洗浄力の強い界面活性剤やタオルでごしごしと皮膚を摩擦してしまうと肌の健康を保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。また、あまり温度の高いお湯で洗顔をしてしまうと乾燥が進んでしまいます。

乾燥肌の方は皮脂を落とすということにフォーカスしていないもの、肌に刺激が少ないもの、保湿に力をいれているスキンケア製品を使用した方が良いでしょう。

化粧水だけではなく、乳液や美容液なども使用して肌に潤いを持たせることを意識しましょう。

美容成分の入った入浴剤を使用する

顔だけでなく身体全体が乾燥してカサカサになってかゆいという方は美容成分の入った入浴剤を使用するようにしましょう。肌にハリとツヤを蘇らせてくれるので冬の間だけでものんびり入浴剤の入った湯船につかってみてはいかがでしょうか?

私も普段はシャワーしか利用しませんが、冬場は良い香りのする暖かい湯船にのんびりとつかるのが一つの楽しみだったりします。ストレス解消、リフレッシュにもなるのでおすすめですよ。

睡眠をたっぷりととる

美肌において睡眠は必要不可欠です。寝ている時に成長ホルモンは分泌され、肌も生まれ変わっていくのです。

乾燥肌を改善する上でも睡眠は重要です。肌のターンオーバー、皮脂の分泌量を正常化させるためにも夜更かしはやめるようにしましょう。

どんなに忙しくても睡眠時間を全く確保できないということはないはずです。仕事が忙しいのであれば、作業をもう少し簡略化できないか工夫してみましょう。家事が忙しいのであれば無駄な作業がないか確認してみてください。

時間がないと嘆くのではなく、つくりだしていくのも美肌には必要です。

水分補給を怠らない

稀に勘違いしている人がいるのですが、肌に保湿をするだけでは乾燥肌の対策になりません。直接体内へ水分をとりいれることも必要です。

1日に1.5ℓ~2ℓのミネラルウォーターを摂取するようにしましょう。

ここで気をつけるべきは一度に大量に飲まないということです。一気に体内にとりいれてしまうと尿として排出されてしまうので小まめに飲んでいくように心がけてください。

あまり難しいことを考えずに朝食時、昼食時、夕食時、寝る前と飲んでいただければ大丈夫です。水分補給もスキンケアのうちの一つです。

加湿器を設置する

これは自宅でのみできる対策ですが、加湿器を設置するのも乾燥肌には有効です。エアコンのきいた部屋の中にいるとより肌が乾燥しやすくなってしまい、かゆみも感じやすくなるので注意しなければなりません。

そこで加湿器を設置して肌に潤いをキープさせてあげることが重要です。もっとも、エアコンに頼り過ぎないというのも重要です。冬の寒い時期はついついエアコンで部屋を暖めてしまいますが、肌に悪影響があるということを意識しましょう。

衣類にも気をつかうべき

乾燥肌の人はウール素材のニットを着用することでも痒みを感じることがあります。脂性肌の人でも生地が身体にあわないという人も意外と多いです。

肌が乾燥している状態だと特に化学繊維に対して敏感に反応してしまいます。木綿やシルクなどの肌触りが良いものを着るようにすると、かゆみは改善すると思います。セーターをどうしても着用したい場合はインナーにTシャツなどを着て肌に触れないよう工夫しましょう。

ネイルのおしゃれはほどほどに

女性は特にネイルにこだわりある人が多いと思います。長く伸ばし、デコレーションするのは確かに楽しいです。ただ、かゆみを感じている期間は爪を短くさっぱりと切るようにしましょう。

仮にかゆみに耐え切れずに長い爪でひっかいてしようものなら傷がついたり、炎症が起こる可能性もあります。爪には菌が繁殖しやすいという特徴もあるので清潔に整えておくようにしましょう。

まとめ

乾燥肌のかゆみは確かに辛いです。夏場に蚊に刺される痒さとはまた違った辛さがあります。ただ、乾燥肌のかゆみは生活習慣などご自身の努力次第で解決できるものです。

これだけのことを一気にするのは面倒くさいと考えてしまうかもしれませんが、少しずつできることから始めていきましょう。先にネイルのおしゃれを諦めてバッサリと切ることで意識が変わり、とことん美肌を追求するっことができるので良いですよ。

何か目的を叶えたいのであれば、現在の大切な何かを手放す必要があるのです。いつまでも乾燥肌のかゆみに悩み続けるか?それとも今までと変わらぬ自分のやりたいことだけをやって過ごすかのどちらかということですね。

Topへ⇒大人ニキビ改善なび – 正しいケア方法からオススメ商品まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ