乾燥肌の人が摂取するべき5種類の食べ物

冬場は特に肌がカサカサと乾燥して痛みすら感じてしまう人もいるでしょう。

皮脂のない乾燥の肌は雑菌や紫外線からの影響を大きく受けて、肌トラブルが起こりやすい状態です。乾燥肌を改善するために摂取した方が良い食べ物をまとめたので、今日から意識して食べるようにしましょう。

野菜

ビタミンAを多く含む食べ物

新陳代謝を活発にするだけでなく、皮膚や粘膜の県呼応を維持するのに役立つビタミンAは乾燥肌にとても有効な栄養素。ビタミンAは下記の食品に多く含まれています。

  • ほうれんそう
  • トマト
  • 乳製品
  • ニンジン
  • 青魚
  • ノリ
  • ワカメ
  • 緑茶

ビタミンAが不足すると免疫力も低下してしまいます。日本などの先進国ではビタミンAが不足することはあまりありませんが、発展途上国ではまだまだ多いです。

過剰摂取してもあまり大きな問題はありませんが、唯一妊婦さんだけは気をつける必要があります。妊娠中にビタミンAを基準量よりも摂りすぎてしまうと胎児奇形になることがあります。妊娠中は特に食事が偏らないように気をつけなければなりません。

ビタミンB群を多く含む食べ物

肌の乾燥が原因で生じてしまう炎症を抑える働きのあるビタミンB群。美肌に必須のビタミンなのでチェックしている人も多いかもしれませんね。ビタミンB群を多く含む食べ物はこちら。

  • 豚肉
  • レバー
  • 納豆

疲労回復やリラックス効果などの精神面のケアもビタミンBには期待できるので積極的にとっておきたいビタミンの一つです。ただ、サプリメントなどでビタミンB2、ビタミンB6をとりすぎてしまうとしびれや痒みもでることもあります。

最も普通の食事をしていて基準量を超えることはまずありません。サプリメントも用法容量を守って摂取していれば副作用を感じることはないでしょう。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンCは乾燥だけでなく、肌の老化を防いでくれる大切なビタミンです。最もポピュラーなビタミンですが、果たしてどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか?

  • パプリカ
  • レモン
  • アセロラ
  • パセリ
  • キウイ

酸味の強い果物や多くの野菜にビタミンCは含まれています。ただ、水に流れやすく熱に壊れやすいという特徴も持っており、効率良く身体にとりいれるためには調理の仕方にも気を配る必要があります。

野菜を切った後に洗ってしまっては水に接する面積が多いため、ビタミンCが流れてしまいます。そのため、切る前に洗ったりするなど工夫が必要です。生のまま食べるとビタミンCが壊れないのでおすすめです。

また、野菜を長期保存している間にも壊れていっているので新鮮な野菜を食べることが重要です。

ビタミンEを多く含む食べ物

ビタミンCと並ぶ老化を抑制する効果を持つと言われる脂溶性のビタミンE。新陳代謝を活発にするので乾燥肌の人はとっておきたいビタミンです。

  • アーモンド
  • 植物油
  • ナッツ類
  • アボガド
  • 魚の卵(いくら、タラコ)

これらの食べ物にビタミンEは多く含まれています。

ビタミンEは過剰症がほとんどない食べ物なので、基準量などはあまり気にしなくても大丈夫です。1日の推奨量の200倍をとっても何も悪症状が出なかったという実験結果もあるので安心して摂取することができます。

ビタミンEが不足してしまうと筋肉が弱くなったり、神経の伝達が遅れてしまいます。血行も悪くなり、冷え性や肩凝りが起こりやすくなるので乾燥肌のためだけでなく、健康のために意識してとるようにしていきましょう。

セラミドを多く含む食べ物

保湿成分として有名なセラミドも食べ物から摂取することができます。乾燥に悩む方は要注目の成分です。

  • 小麦
  • 大豆
  • ほうれんそう
  • こんにゃく芋

これらの食べ物に多く含まれています。

化粧水などで肌に直接塗る方が効果がありそうに感じるかもしれませんが、敏感肌の人は刺激を感じてしまうこともあります。食べ物やサプリメントでセラミドを摂取しても乾燥肌やターンオーバーの改善に効果的です。

まとめ

肌が乾燥するからといって、乾燥肌用のコスメだけを使い続けていても改善しません。身体の内側からもケアしてあげることが乾燥肌を治すために重要です。

新しいコスメを購入した時は良いものを使っているんだから少しくらい食事に気をぬいてしまってもいいかなと考えてしまうこともあるかもしれません。ただ、それでは肌トラブルが治るスピードも遅くなってしまいますし、化粧品を使い終わったら元の肌に逆戻りです。

この記事で上げた食べ物の中にはあなたの嫌いなものもたくさん含まれているかもしれません。ただ、ずっとカサカサの乾燥した肌のまま過ごすのと少し頑張って嫌いな食べ物を食べて潤いのある美肌に生まれ変わるのとどちらが良いでしょうか?

どうせ食べても何も変化はでないだろうと挑戦する前から諦めるのはやめましょう。人間の身体は体内にとりいれたものによって構成されています。乾燥肌に効果的なビタミンを継続的に摂取することによって必ず辛い乾燥肌を克服することができます。

どうしても食べられないという方は不足しているビタミンを分析して、サプリメントで摂取するようにしていきましょう。

Topへ⇒大人ニキビ改善なび – 正しいケア方法からオススメ商品まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ